古民家シェアハウスのしくみ


移住希望者で、古民家をシェア

 最近都市部では、若い世代を中心に1軒の家を複数名で借りて暮らすシェアハウスが普及してきました。家賃が割安になるからだけではなく、 人とのつながりが見直されたり、仲間との時間を楽しむ共同生活に魅力を感じる…そんな流れが見られます。それと同様のことを田舎で行うのが

「古民家シェアハウス」です。
 地域の資産である古民家や農家住宅をうまく活用し、大きな建物を複数名で利用し、コーポラティブハウスのように話し合いながら運営していく「コーポラティブ型シェアハウス」という新しいスタイルです。目的を共有している人たちがゆるやかにつながって田舎暮らしを始め、仲間と一緒に地域に馴染んで行きます。

 

【メリット】

◎移住前から、同じ目的を持つ他の方々と知り合って意見や考えを交換
      →意識違いやイメージギャップを減らし、新生活をスムーズにスタート


◎ 移住した後も、お互いに気心の知れた仲間として付き合うことができる。 


◎ シェアの決まったメンバーが移住前に何度かお互いに顔を合わせて、リフォームすべき個所や古民家に付随している農地の利用方法などを納得のいくまで話し合ってから現地での生活を始める。


農地付き農家住宅を借り受けます

 舞台となる家は、古民家や農家住宅です。日本の田舎には、「古民家」と言うほど古くはないものの、味わいある木造の農家住宅が数多く空き家になっています。またそのほとんどが農地付きです。

 「先祖代々の大事な家を手放せないけど、自分たちではもう住まない」というケースも多いですし、買い手&借り主側も、「一家族では広すぎる」「広い農地を管理する自信がない」

ということで、貴重な文化遺産が活用されないまま…ということが多いのです。コーポラティブ型シェアハウスとして活用することで、日本の原風景とも言える農家住宅と田園風景を守ることもできます。 

 複数の農家住宅をスタジオアンビエンテがオーナーから一括で借り受け、田舎暮らしを試してみたい人々に原則1年間のサブリースを行ないます。また、地域の方々とのネットワークを活かし、地元の野菜を利用した伝統料理教室や、畑や田んぼの指導、薪割りのコツ、田舎での人付き合いの仕方など、田舎ぐらしを楽しむために必要な知識を学ぶきっかけをご用意します。

 

リフォームはどうするの?

 家も、近代的な家に比べると快適とは言えない部分があるでしょう。そのまま住める空き家もありますが、より快適に住むために「ここ、ちょっとリフォームしたいね」という場合は、入居予定者同士で予算を考えながら事前に話し合って頂きます。かかった費用は敷金から充当するコーポラティブ方式となります。(入居と退去のページを参照)



■■■--------------------------------------------
田舎に移住するのを応援します!
スタジオアンビエンテ 麹町スタジオ (一般社団法人田舎力研究所)
〒1102-0083
東京都千代田区麹町3-5-5
望月ビル2F
info@studio-ambiente.com
090-4847-7136(担当:窪田)
TEL: 03-6670-0622
FAX: 03-6312-7319
※山梨と2拠点のため
携帯への連絡が早いです
-------------------------------------------------■■■
  • このエントリーをはてなブックマークに追加